• 花畑

ストレスが要因

悩む男性

躁鬱病の原因と遺伝子の関係

現代はストレス社会でもあります。日々、日常生活を送っていく中でストレスを感じない人は皆無と言っても間違いではありません。ストレスはありとあらゆる場面で遭遇します。仕事や勉強、そして自分の行動など、ありとあらゆる場面でストレスだと感じてしまう事がたくさんあるのです。しかし一番ストレスを感じてしまう場面は対人関係であることは間違いありません。学校であれば教師と生徒、そして生徒同士で対人関係を結ぶ事になります。仕事であれば上司や部下と対人関係を築きあげなければなりません。社会で生きている以上、人との繋がりにより発生するストレスを回避出来る人はいないのです。しかしその中でもしっかりと対人関係を築き上げ、うまく人間関係を結んでいる人もいる事は事実です。そのような人の場合は、躁鬱病などといった鬱病に苛まれる方は少ないのです。ストレスが原因となってしまう人は、ストレスの処理がうまく行われていない事が発症原因として挙げることが出来ます。

プラスな形での発散の場を設けてみては

ストレスがうまく発散出来ないとなると、当然ストレスは溜まってしまう一方です。そして、ストレス過多から鬱病になってしまい、その鬱病も段々変化していき躁鬱病となってしまうのです。躁鬱病は根本的にはストレスが原因で発症してしまった鬱病が、段々と変化していき躁鬱病になってしまうパターンが多いです。躁鬱病はまず初めに鬱症状が長期的に続いた後に、急に躁状態がやってくるのです。だからこそ直接的な原因は鬱病の悪化とも言えます。ですが、その根本的な原因はやはりストレスであるのです。ストレス以外の原因であれば、遺伝があります。しかし遺伝での発症はストレスの発症よりは少ないと言われています。

躁鬱病の原因と、最も関係が深いと言われている遺伝子は、同じ家系から発症する確率が極めて高い事が、その由来です。 例えば、一卵性双生児が躁鬱病を発症した場合、もう片方の児童も同じ様に発症する事例が、非常に多く見られます。 100%ではありません。けれども、片方が躁鬱病な場合にもう片方の児童が躁鬱病を発症する確率は、約85%にも及んでいます。 また、ここで言う遺伝子とはある特定の遺伝子を指す訳ではありません。遺伝子と遺伝子の関連性や組み合わせ、効果・作用によると考えられます。 原因は遺伝子以外の要因、例えば、環境要因や心理的な要因等の後天的な可能性も考えられます。性格や体質等に原因がある考え、研究を進める機関も多々あります。

原因については、先述した通りです。ここでは、可能性について述べます。 偉大な芸術家には、精神疾患を患っていた人が想像以上に沢山存在していました。 躁鬱病の改善を目指す事は、一般的です。しかし、病症をクリエイティブな発想や創造性へ変換するという手も、一つです。絵画・音楽・文学等における活躍を期待する事も、出来ます。 躁鬱病は、「躁」と「うつ」を繰り返します。極論、「躁」か「うつ」時の片方どちらかに於いて現実生活を満喫する事が可能ならば、片方の改善に努めれば良いです。 「躁」は、決して現実社会を満喫している訳では無く、むしろ反動をもたらします。どこかに、アートや芸術に留まらず、プラスな形で発散出来れば、改善が期待出来ます。

↑ PAGE TOP